先輩からのメッセージ

ここで学んだことが私の土台であり原点。
目に見えない安心感があり、
天職だと感じる職場です。

介護主任 菊地 知

専門学校卒業後、特別養護老人ホーム 福寿荘に入職。11年間勤務後、一旦他施設に転職したが、「福寿荘の良さ」を再認識し2012年に再入職。現在、介護主任として活躍中。

外に出て、福寿荘での経験がどれだけ貴重なものだったかに気づいた 

 福寿会との出会いは、介護福祉士養成校の職場実習に来たことがきっかけです。職員の皆さんが丁寧に指導してくださったことを今でも覚えています。入職し、特養、デイサービス、移転新築後も数年間勤務しました。11年間勤務した頃、同期入職の仲間たちが結婚などで退職したこともあり、自分も少し外に出てみようと外部に転職しました。いま思えば、仕事も遊びも一緒に過ごしてきた同期がいなくなって心細い気持ちもあったのだと思います。
 そして、他の施設に転職してはじめて、福寿荘で教わったことや、知らず知らず身についていたものの考え方の基本が、転職先とはだいぶ違うことに気づいたのです。これまで、どれほど恵まれた環境で働いていたかを実感しました。
 例えば、物品一つを買うにしても、100円ショップで買うのと、良い物を長く使おうという目線で買うのとでは生活の質が変わります。また、利用者様への接し方にしても、家庭的な雰囲気を目指そうとすることと、友達・家族のような話し方をすることは違います。誰しもそれぞれの生活歴があり、その方が求める距離感や時間があるはずです。
 転職後、5年ぶりに福寿荘に足を運ぶ機会がありました。玄関を一歩入った時に感じた雰囲気、温かさに、素直に「戻りたい」と思いました。その場で院長にご相談し、再び福寿荘で勤務させていただいています。
 

尊敬する先輩のようになりたい

 現在、主任として後輩たちの育成を心がけながら勤務をしています。介護職の経験はもう20年を越しますが、常により高みを目指したいと思っています。いつも頭に浮かぶのはひとりの先輩の姿です。自分が信頼するあの先輩のようになりたい、そんな思いがあります。
 介護の仕事をしていると、色々な利用者様がいて、また一人ひとりもいつも同じではなく、日によって気持ちや気分のありようは違います。自分ではうまく対応できなかった方に対して、とても上手に接している先輩の姿から接し方を変えてみたり、自分を振り返ることが学びになります。試行錯誤をしながら、対応が難しかった利用者様と信頼関係を築けたり、行き違いを解消できた時にはとてもやりがいを感じます。
 今でも覚えているのは、入職して2年目の頃、ある利用者様から頂いた言葉です。まだ経験も浅かったのですが、特養からデイサービスに異動が決まり、不安を感じていた時期でした。その方は普段はとても厳しい方だったのですが、「選ばれたんだよ。仕事ぶりを認められたのだから、頑張りなさい」「デイへ異動した人達はみんな早く結婚できるよ」と励まされ、前向きな気持ちがふくらんだことを覚えています。(実際は、結婚までの道のりは遠かったですが…)
 

きちんとお話を聞き、お応えすることの大切さ 

 主任という立場もあり、利用者様に対しても、職員に対しても、「相手の話に耳を傾けること」を大事にしています。相手がどう考えているか、自分の言葉や表情、振る舞いが周りにどう映っているか注意するようになりました。
 利用者様も、人を選んでお話をされます。私たちが忙しく動いていると声をかけるのも遠慮されてしまいます。夜勤で仕事がひと段落したときを見計らって、「あのね」と声をかけて下さることがあります。そんな時、ハッとした気持ちになります。同じように、職員からも夜勤の時に大事な相談があったりします。ですから、常に気持ちの余裕をもち、きちんと人の話を聞くことを大事にしたいと考えています。


 

利用者も職員も大事にする職場

 一度外に出たからこそ分かることですが、利用者様や職員をこれだけ大事にしている法人や施設は他にないと思います。
 利用者様に対しては、日常生活の支援とともに、季節の彩りを感じて頂けるよう、年間を通して色々な行事を行っています。先日も大きなイベントである「運動会」を実施しました。玉入れやパン食い競争など、めったにない活動も取り入れ、普段見られない利用者様の喜びの表情に、私たちも喜びを感じます。
 また福寿会は、職員同士、互いの「誰かのために」という思いやりの気持ちが強い職場だと思います。
 たとえば日常業務で、一人で仕事をしているときも、必ず誰かが声をかけてくれる、必ず周囲の仲間を気にかけて仕事をしている、そんな支え合う土壌があります。見て見ぬふりや、特定の仲間で固まっていて中に入って行きにくいということがありません。ごく自然に「手伝いますよ」と。それが入職した時から身についている習慣であり、20代の若手も、年上の先輩に対してきちんと丁寧に接する、そんな助け合いのこころがあります。
 福寿会は、いい意味で「迷わない」職場かもしれません。他の仕事をしてみようと思わない、ことばでは表現できない安心感があります。ここで働くことに誇りと喜びを感じ、介護を天職だと感じています。ここで学んだことが私の土台であり原点だと思います。
 お互いを思いやる気持ちのある職員が集まっているところ、いざというとき頼りになる仲間がいる職場です。私たちの仲間になっていただける皆さんを、お待ちしています。



 

交通アクセス

〒023-0833
岩手県 奥州市 水沢上姉体2-1-22

【お車をご利用の場合】JR水沢駅より5分/水沢I.Cより10分
【バスをご利用の場合】岩手県交通 秋成バス停下車 徒歩2分

お電話でのお問い合わせ

0197-28-1234

採用担当